日差しによる劣化

床

コーティング剤について

一戸建て住宅やマンションなどでは、室内がフローリングとなっていることが主流である。これらのフローリングについては、経年と共に劣化しやすいものである。フローリングでは、日常生活を送る上での劣化に加え、窓から入り込む日差しにより劣化が進むこととなる。フローリングが劣化した場合には、張替えが必要になるが、その場合には通常は1フロア分すべてを張り替える必要性が出てコストも掛かることになる。これらの劣化を事前に防ぐ方法としてあるのが、フロアコーティングである。フロアコーティングではフローリングの表面に特殊な加工を行うことで劣化を遅らせるものである。新築住宅などで新しいフローリングではフロアコーティングされていることが通常であるが、経年と共にコーティング自体が劣化することがある。その為、一定期間ごとに再度フロアコーティングすることが必要である。フロアコーティングにも種類が様々あるが、特に有効なものとしてUVカット効果のあるフロアコーティングである。通常は室内では外からの日差しが入り込むため、UVカット効果が無いと劣化しやすくなる。特に日当たりの良いフロアでは、UVカットのフロアコーティングすることが重要である。フロアコーティングでは、コーティング剤を購入し個人で行う方法の他、業者に依頼して行う方法がある。最近では、これらのコーティングを行う場合にはUVカット対応されたものが主流であるが、事前確認がポイントである。